東京オリンピックチケット画像

東京オリンピックの開会式は2020年7月24日(金)午後8時~午後11時の予定ですが、オリンピックの開会式は、祭典という名にふさわしく、観る者を魅了し期待と希望、夢を与えてくれますね。

東京オリンピックでも、開会式の準備は着々と進められています。

一生に一度の日本でのオリンピック開会式や閉会式を生で見るチャンスです!チケットの金額や入手方法などをお伝えしていきます。

東京オリンピック2020の開会式・閉会式の入場券の金額は?

 

正式な決定は、2018年7月の国際オリンピック委員会の理事会で決定しました!

 

開会式 12,000円~300,000円

チケット価格はA、B、C、D、Eと席によって料金が違います。

A席:300,000円
B席:242,000円
C席:107,000円
D席:45,000円
E席:12,000円

 

閉会式 12,000円~220,000円

A席:220,000円
B席:177,000円
C席:82,000円
D席:35,000円
E席:12,000円

 

リオオリンピックがチケット最高額21万円でしたので、少々高いように思えますが、特等席で開会式を観られるのではあればそれだけの価値がありますね。

チケット戦略の有義者会議では、価格のメリハリをつけよう との意見もあり、再度見直された結果、最安値と最高額との差が開いたのではないかと思われます。

 

東京オリンピック2020開会式の入場券入手方法は?

オリンピックの開会式チケットは人気チケットとなるため、かなりの倍率になることが予想されます。

チケット販売は2019年春に公式チケット販売サイトが開設し、そこから抽選申込がスタートします。

抽選結果の発表は2019年の6月中旬以降発表される予定です。

 

また、今秋から先着順での販売が行われ、大会直前の2020年春以降には都内に設置予定のチケット販売所などで購入することができる予定です。

 

東京オリンピックチケットスケジュール

 

チケットスケジュール

 

 

チケット購入するにはid事前登録が必要です、登録方法はこちらでチェック>>>TOKYO2020チケットID事前登録方法と特典も

 

東京オリンピック2020開会式の入場券の販売日は?

4月18日に申し込み公式サイトが公開されます!

 

東京オリンピック2020の入場券の販売時期は2019年の5月9日~となります。

2019年5月9日(10時より)~5月28日(23時59分まで)申込み受付

抽選結果発表は6月20日

購入手続き期間は7月2日(23時59分)までとなっています。

申し込んだ順番は抽選結果に反映されないので、申し込みをしたらあとは抽選結果を持ちましょう。

 

便利な買い方

「カスケード」希望の席種に落選してもひとつしたの席種が引き続き抽選の対象になります、絶対観戦したい試合に利用するといいです。

「第二希望」同日に違う競技が行われる場合に、どちらかのチケットを購入したい場合に有効となります。

 

ロンドン五輪は半年前、リオ五輪は1年前のチケット販売でしたので、東京オリンピックはかなり早めの販売時期となりますね。

東京で開催されるオリンピックの開会式と閉会式は演出も楽しみですし、一生に一度参加できるかできないかの貴重な体験になりそうです。

まとめ

 

東京オリンピックの開会式を生で見るためには、入場券が必要です。

日本だけでなく、世界各国からもチケットは購入されますので、かなりの激戦が予想されます。

チケット販売に関しては開催国の人々が観戦できるようになにかしらの優遇はあるとは思いますが、それでもチケット獲得倍率は5~10倍はあると見込まれます。

チケットを勝ち取るためにも、今後のオリンピック委員会の情報は常にチェックすることが重要になります。

東京オリンピックの開会式は是非見ておきたいものですね♪

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事