東京オリンピック野球日本戦日程

北京オリンピックから3大会12年ぶりに東京オリンピックの競技として正式に採用された野球。日本では野球人気が強いため、多くの方が注目をしているのではないでしょうか。

現時点で決まっている、東京オリンピック2020野球の日程や出場国・トーナメントについてお伝えしていきます。

東京オリンピック2020野球日本戦日程は?

東京オリンピック2020野球の日程は7月29日(水)~8月8日(土)までとなっております。

現時点で日本戦の日程は決定しておりませんが、試合会場や開始時刻などは発表されています。

野球の予選日程

7月29日(水)~8月1日(土)の4日間にて実施。
使用球場:福島あづま球場・横浜スタジアム

7月29日(水) 12時~ ※開幕戦のみ福島あづま球場
7月30日(木) 19時~ ※以降横浜スタジアム
7月31日(金) 12時~ 19時~ 2試合
8月01日(土) 12時~ 19時~ 2試合

野球のノックアウト方式日程

8月2日(日)~8月5日(水)の4日間にて実施。
使用球場:横浜スタジアム

8月2日(日) 12時~ 19時~ 2試合
8月3日(月) 12時~ 19時~ 2試合
8月4日(火) 19時~
8月5日(水) 19時~

野球の決勝・準決勝・3位決定戦日程

8月5日(水)~8月8日(土)の4日間にて実施。
使用球場:横浜スタジアム

8月5日(水) 19時~ 準決勝①
8月6日(木) 19時~ 準決勝②
8月7日(金) なし
8月8日(土) 12時~ 3位決定戦
19時~ 決勝

日本戦の日程が決定するのは出場国が決定してからの話となりますので、もうしばらくお待ちください。

東京オリンピック2020野球出場国は?

東京オリンピック2020野球の出場国は6か国のみとなり、オリンピック出場をかけ激しい予選が繰り広げられます。

現在決定しているのは、開催国である日本のみとなり、残り5チームは今年の9月~行われる予選会にて順次決定していきます。

プレミア12大会(2019年11月2日~11月17日)
オリンピック出場枠数:2

アフリカ/欧州予選会(2019年9月18日~9月22日)
オリンピック出場枠数:1

アメリカ予選会(2020年3月~)
オリンピック出場枠数:1

最終予選会(2020年4月・5月)
オリンピック出場枠数:1

今までの世界大会やオリンピック出場国の成績から強豪国となっていたのは、アメリカ・キューバ・韓国・プエルトルコあたりです。

アメリカはプレミア12・アメリカ予選・最終予選と3回のチャンスがありますので、ほぼ確実にオリンピック出場を決めてくるでしょう。

キューバ・プエルトルコも同様に3回のチャンスがありますので、こちらも出場してくる可能性が高いと思います。

アジア枠は開催国の日本がとっているため、出場が苦しいのが韓国やチャイニーズタイペイなどのアジア勢です。プレミア12は強豪国が出場する大会でもあり、2位以内に入らなければならないとかなり苦しい展開となりそうです。そのため、最終予選会の残り1枠に滑り込めるかという見方となりそうです。

そう考えると
開催国:日本
プレミア12:アメリカ・キューバ
アフリカ/欧州予選:プエルトルコ
アメリカ予選:カナダ
最終予選:韓国
の6チームではないかと予想します。いずれにせよ、9月~の約8か月で出場国が決定しますので、どの国が出場してくるのか注目です。

東京オリンピック2020野球トーナメント表

東京オリンピック2020野球の対戦方法は少々ややこしいですので、確認していきます。

予選:6か国がA組B組に分かれ、3か国による総当たりのリーグ戦を行い1位2位3位の順位を決定する。

ノックアウト方式:6チームによる変則トーナメント

ノックアウト方式

簡単に言うと、メインドローから1か国・敗者復活ドローから1か国の2か国が決勝に進ます。

メインドローでは、予選3位の国は初戦で敗退場合そこで終了となりますが1位2位の国はたとえ負けてもまだチャンスがあるので、日本はまず予選で1位・2位通過を目指していく形となってきます。

まとめ

野球日本代表はメダルが期待される競技でもありますので、今後の予選会でどの国が予選会を通過するのか注目していきたいですね。

また、ノックアウト方式によって、たとえ敗戦をしても優勝の可能性があることから、先発ピッチャーをどのチームに誰を当てるかや戦力分析など選手はもちろん首脳陣の力も試されると思います。敗者でも優勝の可能性があるというルールだからこそ、数多く日本代表の試合を見ることができますので、12年ぶりのオリンピックでの野球日本代表に注目していきましょう!!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事