高校野球予選神奈川大会2019

2019年夏の甲子園が86日より開幕をし、甲子園出場をかけ各県で壮絶な予選大会が繰り広げられます。

中でも毎年数多くのプロを輩出している神奈川は、全国でも屈指の強豪校がひしめく県ということもあり、注目されています。

夏の高校野球予選神奈川県大会の日程や組み合わせ・結果とともに、優勝予想もお伝えしていきます。

夏高校野球予選神奈川大会2019日程

 

夏の神奈川県大会は、7月7日から開幕し約3週間かけて甲子園出場校を決めます。

7月6日(土)~7月28日(日)

決勝は28日の日曜日午前11時~となります。

開会式や開幕戦は横浜スタジアムとなり、決勝では横浜スタジアムでおこなわれます。

夏高校野球予選神奈川大会2019組み合わせ・無料ライブ中継

夏の神奈川県大会の組み合わせは6月8日(金)に行われました。

シード校は春季大会での成績により、第1シードは東海大相模・桐光学園・横浜・鎌倉学園の4校です。

第101回全国高校野球神奈川県大会組み合わせ

クリックすると大きくなります↓

神奈川予選

引用:神奈川県高等学校野球連盟

注目の横浜高校とベスト4で対戦する可能性があるのは、東海大相模となりました。

優勝候補の2校がベスト4で対戦するということもあり、27日(土)に行われる準決勝も注目です!!

地元の高校以外の高校野球の試合はなかなか見る事ができませんが、無料ライブ中継はバーチャル高校野球で見る事ができます。
ただし神奈川大会は準々決勝、準決勝、決勝のみとなります。

パソコンはこちらから
スマホはこちらからアプリをダウンロード

7/24(水)、7/25(木):準々決勝
7/27(土):準決勝
7/28(日):決勝

夏高校野球予選神奈川大会2019試合結果

2019年神奈川県大会の結果が出次第、追記していきます。

神奈川県大会試合結果はこちらから

 

参考までに2018年度の夏の神奈川県大会の結果を載せておきます。
昨年は100回記念大会ということもあり、神奈川県は北神奈川大会と南神奈川大会に分かれ2校が甲子園出場となりました。

 

北神奈川大会決勝

〇慶応7-5桐光学園

北神奈川県大会は、かつての名門「慶応」が2008年以来10年ぶりとなる甲子園出場を果たしました。準決勝では驚異の打撃力を誇る東海大相模を3点に抑えるなど2年生の生井投手を筆頭に堅い野球をし、優勝候補であった桐光学園を7回までに1失点に抑えての勝利となりました。

 

南神奈川大会決勝

〇横浜7-3鎌倉学園

南神奈川は下馬評通り優勝候補であった横浜が甲子園出場の切符をつかみました。プロ入りした万波選手は決勝で3安打4打点1本塁打という圧倒的な活躍を見せ、1回戦から他を寄せ付けない強さでの優勝となりました。

夏高校野球予選神奈川大会2019優勝校は?

 

強豪ひしめく神奈川大会の優勝予想は「横浜」「東海大相模」「桐光学園」の3校に絞られるのではないかと思われます。

横浜はプロ大注目で大会NO1の呼び声も高い左腕投手及川選手の存在が大きいですね。

Max153キロから放たれる速球で三振を取りにいける投手から大量点はなかなか困難であり、打撃面でも小泉選手や内海選手などキーとなるプレーヤーもしっかりいる横浜は投打のバランスがとれており、安定感NO1でしょう。
圧倒的な打撃力を誇る東海大相模は、プロ注目の遠藤選手や通算本塁打30本を超える2年生の西川選手を筆頭に毎回しっかり得点を重ね、春季大会を優勝しています。打撃面は今大会NO1でしょう。

横浜の及川投手のストレートをと構えることができるかが優勝のカギとなりそうです。

 

上記の名門校と渡り合える実力を兼ね備えるのが桐光学園です。春季大会では準決勝で横浜を破っての準優勝を果たしました。注目度の高い谷村選手・富田選手の2枚看板を要する投手力の層の厚さは今大会NO1でしょう。

どちらかが崩れてもカバーしあえるので、間違いなく上位に食い込む高校です。

 

その他にもプロ大注目の森選手率いる桐蔭学園や春季大会ベスト4の鎌倉学園などの強豪校にも注目ですが、やはり横浜が頭一つリードをしており、それを追う東海大相模の2校が優勝候補の筆頭だと思います。

まとめ

 

ドラフトでも上位指名が予想される及川投手率いる横浜相手に、東海大相模の打線がどこまで火を噴くか。はたまた、2枚看板の桐光学園が、及川投手に投げぬき東海大相模の打線を封じて優勝をするのか。

非常に目が離せない今年の神奈川県大会となっています。

強豪ひしめく神奈川県大会は7月7日からスタートし28日に決勝を迎えます。果たして28日に甲子園の切符をつかむのはどこの高校なのか、非常に楽しみですね。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事