ドラフト会議テレビ中継

プロ野球最大のイベントといってもいいドラフト会議2018が間もなく行われます。

今年のドラフト会議は1025()に行われることが決定しています。

ドラフト会議2018の各球団のドラフト指名予想やドラフト会議の視聴方法・結果速報と歴代についてお伝えしていきます。

  

2018年プロ野球ドラフト会議指名選手の予想

 

各球団の1位指名候補を上げていきます。

 

セリーグ各球団1位指名候補と予想

 

※◎…指名1番手 〇…指名2番手 それ以外…指名可能性あり

 

ヤクルト

◎藤原恭大(大阪桐蔭)

〇上茶谷大河(東洋大)

・甲斐野央(東洋大)

・梅津晃大(東洋大)

 

ヤクルトは、戦力UPが必須。高校生である藤原選手が筆頭ではありますが、東洋大の3投手は即戦力として期待がかかりますので、当日のドラフトが見ものです。

 

中日

◎根尾昴(大阪桐蔭)

〇梅津晃大(東洋大)

 

中日は、投手王国復権が第一優先となりますので、1位指名は投手の可能性が非常に高いです。

ドラ1 でしかとることができないとスカウトが太鼓判を押す投手としての根尾選手が1位指名の筆頭か。

 

巨人

◎吉田輝星(金足農業)

〇根尾昴(大阪桐蔭)

・甲斐野央(東洋大)

・梅津晃大(東洋大)

 

巨人は、常勝軍団復活のためのスター候補選手を取りに来るでしょう。

投手なら吉田選手・野手なら根尾選手が筆頭か。また、即戦力として甲斐選手もあり得るのではないかと思います。

 

横浜

◎甲斐野央(東洋大)

〇梅津晃大(東洋大)

・上茶谷大河(東洋大)

・藤原恭大(大阪桐蔭)

・小園海斗(報徳学園)

・根尾昴(大阪桐蔭)

 

野手はそろっている横浜。即戦力として期待できる東洋大学の3投手が目玉となるか。未来のスター候補として高校生の根尾選手・藤原選手・小園選手も視野に入れながら最終的な指名候補を厳選していくでしょう。

 

阪神         

◎根尾昴(大阪桐蔭)

〇藤原恭大(大阪桐蔭)

 

投手は非常に安定している阪神ですが、打撃が不振をたどる一方。野手指名として糸井選手・福留選手の後釜を育てることと未来のスター候補として、遊撃手ではなく外野手として根尾選手を指名するのでは。

 

広島         

◎甲斐野央(東洋大)

〇藤原恭大(大阪桐蔭)

・小園海斗(報徳学園)

 

現在黄金期を迎えている広島ですが、主力のFAが心配されるところ。

順当に行けば即戦力の投手だと思いますが、生え抜き選手の育成に長けている広島ですから松山選手の後釜としての期待がかかる藤原選手や抜群の野球センスを誇る小園選手などもターゲットとなると思います。

 

パリーグ各球団1位指名候補と予想

 

※◎…指名1番手 〇…指名2番手 それ以外…指名可能性あり

 

ロッテ

◎藤原恭大(大阪桐蔭)

〇根尾昴(大阪桐蔭)

・松本航(日本体育大)

・甲斐野央(東洋大)

 

ロッテは井口監督体制になってから若手を積極的に起用し、成功しています。3拍子揃った藤原選手が筆頭か。

 

日ハム

◎根尾昴(大阪桐蔭)

〇藤原恭大(大阪桐蔭)

・小園海斗(報徳学園)

 

日ハムは毎年、その年のNO1選手を1位に指名する傾向があります。高校界NO1の根尾選手でほぼ決まりか。

 

オリックス

◎根尾昴(大阪桐蔭)

〇藤原恭大(大阪桐蔭)

・小園海斗(報徳学園)

 

大学生・社会人を取る傾向が強いオリックスですが、ここ10年成績が芳しくありません。高校生の有望株であり、地元でもある大阪桐蔭の選手をとって育成に力をいれてくるのでは。

 

楽天

◎吉田輝星(金足農業)

〇梅津晃大(東洋大)

・上茶谷大河(東洋大)

・甲斐野央(東洋大)

 

同じ東北でもある吉田選手は、ドラ1位最有力候補。投手の層を厚くしたい楽天ですので、東洋大の3投手を1位指名、2位指名に吉田投手といった戦略をたててくるかもしれませんね。

 

西武         

◎吉田輝星(金足農業)

 

メジャー流出で投手の立て直しが急務な西武。西武と言えば現エースの菊池選手や平成の怪物松坂選手を獲得していますね。今年一番甲子園を沸かせたのは間違いなく吉田投手。未来のエース候補として1指名筆頭か

 

ソフトバンク     

◎根尾昴(大阪桐蔭)

〇藤原恭大(大阪桐蔭)

 

昨年1位指名の清宮選手が外れ、外れ1も外した経緯もありますので、今年こそはと意気込んでいることでしょう。筆頭は根尾選手、外れ1位で藤原選手か。

 

ドラフト会議の前に週刊ベースボールを読んでさらにドラフト会議楽しみましょう。

FODプレミアム(31日間無料)のFODマガジンで今ならお試し無料で読めます!

ベースボールFOD

 過去5年間のプロ野球ドラフト1位の指名選手

 

【セ・リーグ】

巨人
2016年 内野手 吉川尚樹
2015年 投手 桜井俊貴
2014年 左翼手、内野手 岡本和真
2013年 捕手 小林誠司
2012年 投手 菅野智之

 

阪神
2016年 内野手 大山悠輔
2015年 外野手 高山俊
2014年 投手  横山雄哉
2013年 投手  岩貞祐太
2012年 投手  藤浪晋太郎

 

広島
2016年 投手  加藤拓也
2015年 投手  岡田明丈
2014年 外野手 野間峻祥
2013年 投手 大瀬良大地
2012年 外野手  高橋大樹

 

DeNA
2016年 投手  濱口遥大
2015年 投手  今永昇太
2014年 投手  山崎康晃
2013年 投手  柿田裕太
2012年 内野手 白崎浩之

 

中日
2016年 投手  柳裕也
2015年 投手  小笠原慎之介
2014年 投手  野村亮介
2013年 投手  鈴木翔太
2012年 投手  福谷浩司

 

ヤクルト
2016年 投手  寺島成輝
2015年 投手  原樹理
2014年 投手  竹下真吾
2013年 投手  杉浦稔大
2012年 投手  石山泰稚

 

【パ・リーグ】

日本ハム
2016年 投手 堀瑞輝
2015年 投手 上原健太
2014年 投手 有原航平
2013年 内野手 渡邉諒
2012年 投手 大谷翔平

 

ソフトバンク
2016年 投手  田中正義
2015年 投手  高橋純平
2014年 投手  松本裕樹
2013年 投手  加治屋蓮
2012年 投手  東浜巨

 

西武
2016年 投手  今井達也
2015年 投手  多和田真三郎
2014年 投手  高橋光成
2013年 捕手 森友哉
2012年 投手  増田達至

 

楽天
2016年 投手  藤平尚真
2015年 外野手 オコエ瑠偉
2014年 投手  安楽智大
2013年 投手  松井裕樹
2012年 投手  森雄大

 

オリックス
2016年 投手  山岡泰輔
2015年 外野手 吉田正尚
2014年 投手  山崎福也
2013年 投手  吉田一将
2012年 投手  松葉貴大

 

ロッテ
2016年 投手  佐々木千隼
2015年 内野手  平沢大河
2014年 内野手  中村奨吾
2013年 投手  石川歩
2012年 投手  松永昂大

 

近年のドラフト選手のエピソードで話題になったのは、巨人に入団した菅野智之選手ではないでしょうか。

ドラフトで日本ハムからドラフト1位されたものの入団を拒否し、巨人に入団しました。

菅野選手の伯父は、元読売ジャイアンツ(巨人)の原辰徳さんだということは有名ですが、そういった事情から巨人への憧れが強かったのかもしれません。

 

去年は清宮幸太郎選手が注目でしたが、今年も 色々なドラマがありそうな2018年のドラフト会議の放送時間はいつでしょうか?

テレビで見れない人もいると思いますのでネットでもみれないか調べてみました。

2018年プロ野球ドラフト会議LIVE中継

 ドラフト会議日程
10月25日(木)17:00~開始予定

地上波放送

TBS系列 16501750 (指名1巡目まで放送)

 

CS 

スカイA 16302100 (最後まで放送)

ドラフト会議を完全生中継、最終指名から育成選手指名まで最後までたっぷり視聴できます。

スカイAを視聴するなら「スカパー」
今なら2週間お試しで見られます! スカパー!簡単申込

 

ネットLIVE

TBS特設サイト・BASEBALL GATE 16:45~ (最後までライブ配信)

TBSで見るには>>>TBS

BASEBALL GATEはこちら>>>BASEBALL GATE 

 

ラジオ

日本放送 17001800

 

2018年プロ野球ドラフト会議結果速報

 ドラフト会議の結果が出ました!

一巡目の一番注目の根尾昴選手の交渉権は中日の与田剛新監督が交渉権を抽選にて獲得しました。

中日:根尾昴(ねおあきら)

巨人:髙橋優貴(たかはしゆうき)

阪神:近本光司(ちかもとこうじ)

広島:小園海斗(こぞのかいと)

ヤクルト:清水昇(しみずのぼる)

DeNA:上茶谷大河(かみちゃたにたいが)

西武:松本航(まつもとわたる)

ソフトバンク:甲斐野央(かいのひろし)

日本ハム:吉田輝星(よしだこうせい)

オリックス:太田椋(おおたりょう)

ロッテ:藤原恭大(ふじわらきょうた)

楽天:辰巳涼介(たつみりょうすけ)

 

毎年ドラフトの結果速報を出しているのがスポーツナビです。こちらからも結果が見れます。

スポーツナビはこちら>>>スポーツナビ

 

スマホからでも確認ができますので、会社帰りに重なってしまうという方はぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

 

各球団の1位候補を予想してみましたが、今年は1位指名候補が重なりそうですのではずれ1位も考慮してのドラフト会議となりそうです。

 

ドラフト会議はスマホからでも無料で動画配信を行っていますので、育成枠まで気になる人は、ぜひTBS特設かベースボールゲートへアクセスをし視聴してみてはいかがでしょうか。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事